ガーデニングは屋上で楽しむ時代!自宅で屋上緑化を成功させよう!

ガーデニングは屋上で楽しむ時代!自宅で屋上緑化を成功させよう!

屋上緑化のメリットと管理上の注意点

建物の屋上で樹木や芝生を育てる屋上緑化は都市部で植物の緑を鑑賞出来るのが広く普及した要因です。また、植物は二酸化炭素を吸収するので気温の急激な上昇を抑える効果も期待出来ます。その一方で屋上緑化は大量の土を敷き詰めるので建物に重さが加わってしまいます。樹木を植えると更に重たくなるので事前の補強工事が不可欠です。また、建物の築年数によっては耐久性が著しく低下し、土や植物の重みに耐えられないので必ず検査を行って状態を確認するのが重大な事故を防ぐための心得です。落ち葉や枝の飛散は周囲の汚損に繋がるので、季節によってはネットで植物を覆うのも社会的なマナーになります。

住宅で屋上緑化を楽しむための工夫

一般の住宅物件で屋上緑化を実行する場合、建物の耐久性や管理の手間を考慮して小規模に留めるのが長く楽しむ条件になります。建物に加わる重さを考え、使用する土の量や育てる植物の品種は慎重に選択します。特に植物については極端に大きくならないように、適度に剪定を行うのが余計な重さを加えない工夫です。市販のプランターを複数並べる他、自作の囲いの中に肥料を混ぜた土を敷くことで植物を育てることが出来ますが、屋上は日差しや強い風雨に晒されやすいので周囲に囲いを設置する際は注意が必要です。初心者向けの頑丈な品種を選ぶと手間をかけずに育てることが出来るので、屋上の環境を踏まえて判断します。気温が下がる秋になると害虫が越冬目的で枯れた植物の中に入り込んでしまうので、屋上緑化の設備は速やかに片づけるのが虫害予防に繋がります。

都心にある高層ビルの一部では屋上緑化が行われていますが、これは真夏の夜でも気温が下がりにくいヒートアイランド対策として実施されている事があります。