犬の服は保温性が第一!犬種に適した一品を選ぼう!

犬の服は保温性が第一!犬種に適した一品を選ぼう!

犬の服を選ぶポイントと自作する際の注意点

犬の服は保温性を保つ目的で着せるので、生地が厚く体温を逃がさない作りになっている物を選ぶことが大切です。また、殆どの犬種は活発に動き回ることから頑丈に縫われていることも重要な選択肢になります。犬の服はペットショップなどで購入出来る他、自分で作る方法もあります。手作りの服は飼い犬の体に丁度良いサイズに調整出来るのが最大の利点ですが、その一方で耐久性を保つのが難しい問題があります。犬の服は頻繁に動き回ってもほつれが生じないようにすることが重要なので、特殊な技法による縫製が不可欠です。専門の教則本などを参考にして丁寧に作るのが長持ちする一品に仕上げるための条件になります。

犬の服を正しく手入れする工夫

犬の服は使い続けると汚れが付着して不潔な状態になってしまうので、定期的に洗濯を行う必要があります。汚れたまま放置すると悪臭が発生する他、ノミなどの害虫が繁殖する原因になるので清潔にすることが大切です。しかし、通常の洗濯洗剤を使うと香料が服に残ってしまい、飼い犬が嫌がる可能性があります。また、洗剤の成分が残っていると犬の肌にかぶれや抜け毛などの疾患が生じる可能性があるので注意が必要です。

犬の服を洗う際は洗剤を使わず、真水で入念にすすいで汚れを落とします。汚れが酷く、害虫が沸いている場合は熱湯で消毒するのが効果的です。濡れた服は乾燥すると生地が固くなって着心地が悪くなることから、風通しが良い場所で陰干しを行い、生地を柔らかい状態に保つのが飼い犬に不快感を与えないための工夫です。

大切な愛犬を可愛く着飾るなら犬の服があります。見た目がお洒落なだけでなく防寒にもなるため機能性を持ちます。