犬を買う方法4選メリット・デメリット比較!!

犬を買う方法4選メリット・デメリット比較!!

1、ペットショップで購入する

犬だけに限らず、ペットを買うとなったときの一番一般的な方法はペットショップからの購入です。ペットショップでの購入のメリットには「直接ペットと触れ合えること」などあげられます。ペット用品も一気に揃えることができるのでペットを飼う準備をスムーズにすすめることができます。
ペットショップで購入するデメリットは「価格が高い」ことが一番だと思います。また、人気の犬種はすぐに売れてしまいます。

2、動物愛護団体から譲り受ける

動物愛護団体から譲り受けるということであるので、もちろん無料です。また、引き取り手のいない犬は殺処分となってしますので譲り受ければその犬を助けることにもなります。
しかし、これはデメリットも大きいです。その一つに「犬に何かしらの問題があることが多いこと」があげられます。人間不信になっているなど気長に根気強くしつけをしていかなければいけないかもしれません。

3、ブリーダーから購入する

あまり一般的になってないのがこの方法。ブリーダーから購入するメリットは「その犬を直接育てた人から購入できる」ことです。ブリーダーは誰よりもその犬に詳しいです。そして、ペットショップより価格が安いのもポイントです。
しかし、まず、ブリーダーを探すということが必要になります。近くにブリーダーがいない場合にはちょっと遠くまで足を運ばなければいけないかもしれません。

4、インターネット販売

最近では、犬も通信販売やインターネット上で購入することが可能です。家にいたまま買え、欲しい種類も見つけやすいかと思います。
しかし、ネットであるため、販売者の顔がみえない、写真と実物の犬が違うなどといったトラブルも発生しています。また、ネット販売であるため気軽に購入しないよう、よく考えてから購入しましょう。

子猫販売なら東京都がお勧めです。東京では猫の需要が増加しているからです。開店する場所はライバルがいない駅が良いです。