犬を買うならどこで購入するのが良いの!?健康な犬を探すための裏話

犬を買うならどこで購入するのが良いの!?健康な犬を探すための裏話

犬の流通ルートについて

犬を購入する場合、流通ルートは主に3つあります。1つ目はペットショップで購入する方法、2つ目はブリーダーから購入する方法、そして3つ目はオークションで購入する方法です。

子犬の健康やストレスを考えると一番良いのはブリーダーから購入することです。妊娠中から出産後まで手厚く管理されているので健康な子犬に成長する可能性が高いですね。

ブリーダーが育てた犬

ブリーダーから購入する一番の利点は血統書付きの犬が買えることです。血筋が良いと育てやすいと言われるため、純血にこだわる人にとっては最適な選択といえます。

ブリーダーから買う場合は即日買うのは難しいため基本的には予約制となります。また売れ筋や人気に左右されないため一定の相場で販売されています。

ペットショップに並ぶ犬

ペットショップの規模が大きくなるほど販売される犬の基準が高くなります。ただし人気の犬種は価格が高くなる傾向があるため、中には驚くような値段で販売する店もあります。

また店内やゲージ内の清掃が行き届いていないお店はおすすめできません。優良店を見つける場合はそれらをもとに判断すると良いですね。

オークションで落札された犬

オークションはその名前の通りセリで落とした犬を販売します。

ここで気を付けたいのがオークションは健康体であるかどうかの確認ができないことです。格安で売られている場合は何らかのトラブルを抱えている可能性が高いですね。

絶対に避けた方が良いところ

生後45日以内の子犬・毛艶が悪く尻尾も振らない・ワクチン接種の有無が分からない、このような犬は避けた方が良いです。

このポイントを押さえておけば後悔の無い選択ができること間違いなしです!

子犬販売なら東京都がお勧めです。人口が多い分、ブリーダ―やペットショップの数も多いのです。東京都ならお気に入りの一匹と出会えます。