子犬を買うならどっち?ペットショップとブリーダーの見極め方法!

子犬を買うならどっち?ペットショップとブリーダーの見極め方法!

ペットショップで子犬を買うときの判断基準は?

身近なペットとして大人気のわんちゃん。最近は、子犬の買い方にも様々な種類があります。

一般的な買い方は、ペットショップでの購入ですよね。気軽に足が運べて、一度にいろんな種類の子犬を見学できるのが利点です。グッズも販売しているので、必要なものが一度に揃うという便利さがあります。

優良なペットショップを見極めるポイントは、子犬の飼育環境です。店員さんの動物の扱いは丁寧か、清潔にしてあるかなどは、最低限チェックするようにしましょう。

中には、時代のブームになっている犬種を多く仕入れて売りさばく、というビジネスライクのところもあります。お店側の対応をよく見て、納得がいったら購入するというのがおすすめの買い方です。

子犬のスペシャリスト!ブリーダーという選択

最近よく聞くようになったブリーダー、その存在も気になるところです。ブリーダーは、特定の犬種を専門に育てる人のことで、ペットショップは、このブリーダーとの契約で子犬を仕入れています。

ブリーダーの中には、直接お客さんに子犬を販売している人もいるので、いいブリーダーさんに出会えれば、ペットショップよりも安価で購入できる可能性があります。欲しい犬種が決まっているなら、ブリーダーから買うのもおすすめです。

ブリーダーは、自分で探して見学をお願いするところからスタートします。ブリーダーにも色々な人がいますが、ペットショップに比べて見極めが難しいのが特徴です。対応が良くないからといって、必ずしも不正な業者とは限りません。厳しいけれど、愛情たっぷりで腕の良い人もいます。実際に会って話して、良し悪しを見極めることが大切です。

自分に合った方法で、子犬選びを楽しめるといいですね。

ペットショップでは、子犬や子猫販売が行われています。様子を見ることが出来るので、お客様から人気があります。